その名の通り、おすすめのゲームサントラを中心に紹介させて下さいお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << 「幻想水滸伝」オリジナルサウンドトラック | main | 紅盤/斉藤和義 >>
    ペルソナライブ2012 ビューイング@バルト9に行ってきました。
    0

      チケットが尽く外れたので、ライブビューイングに行ってきました。
      どうせ会場とは全然違うだろと侮っていたら、痛い目に遭いました。

      まず、ビューイングとしての感想ですが、まず、よく計算された演出が素晴らしかったです
      そして、映画館だけあって、音響も大迫力で最高でした

      そして、最も驚いたのは演奏のクオリティです。
      「これ、相当練習したな」と分かるプロの演奏でした
      バンドメンバーの1人1人が輝いていました。
      リズムセクションの安定感や各々のソロもヴォーカルも全員素晴らしかったです。

      あと、バンド構成のバランスが良かったと思います。
      そのせいかサックスとフルートも心地良く聴けました。

      アンコールのNever Moreなんかはもう、感動すら覚えました。
      「1人じゃないさ」なんてありふれたシンプルな言葉にこんな感動させられるとは…
      会場の強烈な一体感と相まって、かなり込み上げてくるものがありました。

      何故、ペルソナライブがこんなに人気があって、チケットを取りにくいのか納得させられました
      これ、相当な準備とかなり練られたアイディアがあったと思います。

      ゲーム音楽系のイベントは近年増えてきており嬉しくはあるのですが、個人的にはクオリティに少しずつ疑念を抱き始めています。

      他のイベントもペルソナライブから見習わなければならない点があるような気がしました。
      特に、声を大にして言いたいのは、ファンサービスも大事ですが、何よりも演奏のクォリティを大事にして欲しいということです
      クオリティというのは演奏の良し悪しというよりも、練習量や曲に対する情熱のことを言っています。
      イベントが増えてきたということは観客の耳も肥えてきています。
      どんなに優れたプロの演奏家であっても、「ほぼ初見で演奏してるだろ」ってことくらい分かってしまうのです。

      とまぁ、話が少し逸れてしまいましたが、ともかくペルソナライブはどんな形であれ、また行きたいと思います。
      目黒さん始めバンドメンバーの全員とファンが一体となって、これからも素晴らしいイベントを開催していければ素敵なことだと思います。

      Posted by : 焚け | ゲーム音楽イベント | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 23:33 | - | - | - | - |
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://omoni-ge-on.jugem.jp/trackback/81
        TOP