その名の通り、おすすめのゲームサントラを中心に紹介させて下さいお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << 先週、今週のプログレ 「1978」 / AREA | main | ゲームプレイ日記 「ブレイブリーデフォルト」 >>
    「Distant Worlds THE CELEBRATION」に行ってきました。
    0

      大晦日に参戦してきました。
      個人的な感想を書きます。

      良かったと思う点と不満に思った点を挙げて行こうと思います。

      良かった点

      ・ 公演日がまさかの大晦日で、非常に楽しみが大きかった。
      ・ FF展に行けなかった管理人としては、展示物が少しでも見れたのは良かった。
      ・ 25周年アニバーサリーということで、VOICESを彷彿とさせるお祭り感があった。
      ・ 曲順を旧タイトルから順番にという演出が良かった。
      ・ 初演曲があった。
      ・ アレンジが新しくなっているものがあった。
      ・ 終盤、オーケストラの人たちも楽しそうにしているように見受けられた。

      今回はいかに新しさを出すか、という点に注目していたのですが、
      初演曲があったのは素直に嬉しいです。
      流石に飽きてきたかな、という曲もあったので…

      特に、遂にFF12の曲が演奏されたのが嬉しかったです。
      「東ダルマスカ砂漠」は原曲に忠実なアレンジで、本当にゲーム場面を思い出しました。
      12の曲も今後活躍の場が増えて行けば良いなと思います。
      コンポーサーの壁をいかに乗り越えて行くかもFF音楽のこれからの課題ですので。

      あとは、やっぱり「チョコボメドレー」は非常に良かったです。
      チョコボの曲はかなりの数のアレンジがありますが、非常に良いチョイスをされているなと感じました。
      1部の最後にやるというタイミングも良かったと思います。

      過去に何度も演奏されている曲に関してもアレンジが少し異なっていたりした点は良かったです。
      オペラの完全版(決闘シーンの部分の追加)もオーケストラではどうなのかな?と思っていましたが、
      想像以上に迫力があって楽しめました。

      あと、普段クラシックを専門にやっているオーケストラの人たちがゲーム音楽を演奏するってのは色々と大変だと思います。
      クラシカルな曲も無いわけではないですけど、プログレのような曲もあったりするわけで、
      多ジャンルの曲をやるというのはプロの仕事とはいえ、抵抗もあるように思います。
      そして、ゲーム音楽なんて… というのが本音である人も居るのかもしれません。
      でも、そんな中でも楽しんで演奏しているように見えたのはなんかホッとするものがありました。


      不満に思った点

      ・ 大晦日感が皆無だった(他公演に参加されている人を考慮したのかな?)。
      ・ 新曲が少なかった。
      ・ 一部戦闘曲のテンポが遅すぎて別の曲になっていた。

      1つ凄く不満に思っていることがありまして、
      FF8の枠でまだ演奏されていない「Balamb GARDEN〜Ami」をやらずに、
      何度も演奏されている「Don't be Afraid」を前回と同じ演出でやったのは不満でした。
      それだけならまだしも、映像の尺に合わせるためなのか、テンポが凄く遅くて気持ち悪かったです

      選曲に関してはこれ以外にもFF3の「風の追憶 〜悠久の風伝説〜」とFF9の「届かぬ想い」もまさかの落選で、
      既にオーケストラアレンジされているのに1度も演奏されていない曲に関しては、演奏して欲しかったです

      テンポに関しては「閃光」がより顕著で、もはや別の曲になっていました。
      あまり感じたこと無かったですけど、原曲への忠実さというのは結構大事なのだなと感じました。


      最後に、気になったこととしては、
      公演前の植松さんの挨拶です。
      コンサートの回数も増えてきて、植松さんも色々と思うことが出てきて、
      今回ついに公演前に来客者に幾つかお願いをする、という形になったのですが、
      これは植松さんが近年、自分のやりたいことを選んでやるようになったってのが1つ形になって表れた感じがしました。
      しかし、植松さんがやりたいことがあるというのと同時に、ファン側からしたら聴きたい音楽というものがあるわけで、
      その辺どこまでファンが付いて行くのか、とか色々考えさせられてしまいました。

      あと、曲の前後で盛り上がるのは大いに良いのですし、
      アンコールの曲中とかなら良いのですが、
      静かな曲の演奏中に喋るのだけは勘弁して欲しいと思いました。
      毎回こういう人が近くに居て個人的にはキツイです。

      管理人自身も歩み寄らないといけない部分が大いにあるのでしょうが。

      とまぁ、色々書きましたが、
      全体的な満足度としては高いコンサートでした。

      Posted by : 焚け | ゲーム音楽イベント | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 21:44 | - | - | - | - |
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://omoni-ge-on.jugem.jp/trackback/369
        TOP