その名の通り、おすすめのゲームサントラを中心に紹介させて下さいお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << PRESS START 2012 東京昼と名古屋に行ってきました。 | main | ゲームプレイ日記 「シアトリズム ファイナルファンタジー」 その5 >>
    PRESS START 2012 各曲の感想
    0

      コンパクトに書くのを目標に曲の感想を書いていこうと思います。

      [午前の部]

      ・ 『The Elder Scrolls V: Skyrim(ザ エルダースクロールズ V: スカイリム)』

      これは重厚な曲を想像していたら、非常にキャッチーで、
      男性のコーラス隊が非常に格好良かったです。
      サントラが是非欲しいのですが…


      『ファイナルファンタジーXI』メドレー

      大好きな「Sarutabaruta」が演奏されたのが嬉しかったです。
      公式の発表ではこの曲は未発表だったので、ここからテンションが一気に上がりました。
      原曲よりも良いと思えるほどに素晴らしいアレンジだと感じました。
      「Ronfaure」はスローテンポで、FFコンサートとは異なる独自のアレンジだったのですが、
      ギターが主旋律を弾いたのが凄く良かったです。
      今回も全体的にギターリストが良い仕事をしていました。


      『ノーラと刻の工房 霧の森の魔女』

      今回最も素晴らしいと思った曲です。
      たまたまノーラはプレイしていて、サントラもばっちり聴いていたのですが、
      正直、オーケストラアレンジはあまりイメージが出来ていませんでした。
      こんなに合うなんて、というサプライズでした。
      構成も素晴らしかったです。
      名古屋公演でなるけみちこがアレンジに注文をたくさん付けたという種明かしがあって、
      なるほどなと思いました。

      今回の公演で最も称賛の声が多かったのもこの曲だと思います。
      ゲームやサントラを手に取った人が続出したのではないかと思います。


      ・ 『ダライアス』

      最も心配していた曲でした。
      正直、東京公演で聴いたときは個性が強く、あまり良いとは思えなかったのですが、
      名古屋でもう1度聴いたら、独特なリズムにやられました。
      ロックマン2の失敗のリベンジが出来たと管理人は勝手に思っています。


      ・ 『逆転裁判』

      これは名古屋でかなり集中して聴けたのですが、
      実は演奏がとても難しいアレンジになっていることに気付きました。
      プロのオーケストラの実力を実感出来ました。
      ただ、ちょっとバランスは良くなかったと思います。
      一番聴こえていて欲しいパートがおとなしく、原曲の雰囲気とはちょっとズレている部分はあるように感じました。


      ・ ファミコン/姫を救え!メドレー

      昨年のクラシックメドレーと似た構成で、コミカルな感じを演出していました。
      全体的にテンポを上げて、スネアを中心にリズムを取る、という構成です。
      ちょっと曲の良さを感じるというアレンジではないので勿体なさは感じましたが、
      楽しく聴けたのでこれで良かったと思えます。


      ・ 『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』

      何が凄いかって、前の曲がコミカルで会場もそういう雰囲気になるのに、
      曲が始まった瞬間に空気が一遍したにが凄いです。
      LOMの曲が持つ独特な空気感をオーケストラでそのまま演奏してしまったような感じで、
      自分が今いかに素晴らしい時間を過ごしているのかを実感できました。


      [午後の部]

      ・ 
      『ヘラクレスの栄光IV 神々からの贈り物』

      酒井さん自らが指揮するというサプライズがあったのですが、
      思っていたよりも本格的に指揮していまして、むしろそちらがサプライズでした。
      ただ、ちょっと酒井さんが気になり過ぎて曲に集中しにくい面はありました。
      とはいえ、酒井さんがこの曲に持つ思い入れを感じ取れたような気がして、
      プレスタではあまり感じることのないような種類の感動を得られました。
      それが嬉しかったので、ヘラクレス4のサントラをもっとたくさん聴こうと思いました。


      ・ 『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』

      東京公演で、この曲は逆再生したものを曲にしてしまった曲なんですという解説がありました。
      そう言われ名古屋で改めて聴いてみたら、確かに変わった旋律をしているので納得しました。
      ゲーム音楽というのは、こういう面白いアイデアを実行に移したりも出来るという点でも価値のある領域だなと感じさせました。
      ただ、苦言を呈しておきますが、サントラを出さなかった曲の演奏は避けて欲しかったです。
      ゲームも曲も知らない管理人は置いてけぼりになってしまって寂しい気持ちになりました。



      ・ 
      『新・光神話 パルテナの鏡』


      企画として楽しかったです。
      名古屋では曲に集中しようと思ったのですが、無理でした。
      管理人はバンド経験がありまして、テンポキープの難しさを知っているので、
      ばっちりゲームプレイ画面に合わせて気が散る中演奏したプロの仕事に驚愕しました。
      大袈裟ではなく、これは本当に凄いことです。



      ・ 『イーハトーヴォ物語』

      メロディアスなのに重厚という、意外と聴ける機会の少ない名曲ですが、
      植松さんがこの曲をいつか絶対にやりたかったというのも頷けました。
      何度も何度も聴いて、1音1音全てを味わいたい、そう思わせる演奏でした。
      今回どころか過去のプレスタを振り返っても、最も曲自体の凄味を感じられたのがこの曲でした。
      それだけに、この演奏は何としても音源化して欲しいのですが…
      これは会場で1回聴いておしまいでは済まされないと思うのです。



      ・ 『朧村正』

      エレキギターが良いアクセントになっていたと思います。
      東京公演の方は三味線が結構オーケストラとズレてしまっている印象でいまひとつに思ったのですが、
      名古屋ではもう少しまとまりが出ていました。
      公演前に名古屋公演では演奏に磨きをかけているという話がありましたが、
      この曲で最もそれを感じました。



      ・ 『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』


      管理人の印象が最も薄くなってしまったのがこの曲でした。
      おそらく、2部は後半から重厚な曲が続いていたので、疲れが出てしまったのかなと。
      全体の構成をもう少し練り直しても良いのかなとこの曲を聴きながら思いました。



      ・ 
      『GOD EATER(ゴッドイーター)』


      アレンジが物凄いのでよく聴いて欲しいと椎名さんが言ってましたが、
      ヴォーカルのインパクトが強くてなかなかそうはいきませんでした。
      あと、このアレンジの凄味がはっきりと分からない管理人はまだまだだなと、未熟さを感じてしまいました。


      今年のプレスタの感想は以上になります。
      アンコールは曲を聴く心情になれなかったので、割愛します。

      次回は形態を変えるようなことを桜井さんが言っていたようですが、
      色々荒れたことも書きましたが、とにかく来年も開催して欲しいです。

      Posted by : 焚け | ゲーム音楽イベント | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 23:11 | - | - | - | - |
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://omoni-ge-on.jugem.jp/trackback/351
        TOP