その名の通り、おすすめのゲームサントラを中心に紹介させて下さいお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << 「レイフォース」オリジナルサウンドトラック | main | 「新・光神話 パルテナの鏡」オリジナルサウンドトラック(クラブニンテンドー) >>
    「新・光神話 パルテナの鏡」オリジナルサウンドトラック
    0
      桜庭統,古代祐三,高田雅史,岩垂徳行,西隆宏,光田康典
      プロキオン・スタジオ/SLEIGH BELLS
      ¥ 3,570
      (2012-08-21)

      新・パルテナの鏡のサントラです。
      コンポーサーは桜庭統、光田康典、岩垂徳行、古代祐三、高田雅史です。

      ゲームのプレイ状況:プレイ中(まだ10章)。
      CDのお気に入り度:9.5

      本当はゲームをクリアしてから記事を書きたかったのですが、
      PRESS STARTに間に合わないので、ちょっとフライイングしようと思います。

      新・パルテナの鏡は、とにかくサプライズ、という感じです。
      まず、ゲームが発売されたことからしてサプライズで、
      前作は25年前、完全にレトロゲームという…

      管理人は、これに驚かされて興味を持ち、
      しかも、桜井さんのゲームということで買ってしまったのですが、
      やってみた感じとしては面白いです。
      最初はちょっとやり難さを感じたのですが、コツを掴んでくると非常に面白いです。

      ただ、困った点もいくつかありまして…
      その辺はクリアしたときにでもプレイ日記を書くとします。

      さて、もう1つのサプライズが上にサラッと書いてありますけど、
      豪華過ぎるコンポーサー陣です。

      そりゃあ、クリアしてなくてもサントラを買ってしまいますし、聴いてしまいます。
      邪道だとは理解しながらも。

      基本的に前作の曲のアレンジが多く、
      あ、これはあの曲のアレンジか、と楽しみながら聴けます。
      そもそも管理人は前作の音楽がかなり好きなので、ますます楽しめます。

      また、ゲームに合わせて作られている部分がこのサントラは特に強く、
      目まぐるしく変わるゲームの状況にも対応できるよう工夫をされています。
      なので、1曲の中でも曲の展開が目まぐるしく変わり
      同じ曲を聴いているはずなのに、次のトラックに移ったかのような錯覚を覚えることもあります。

      しかし、これが返ってサントラとしての聴きごたえを産みだしており、
      今までに例のない斬新なサントラとなっています。
      これから、ゲーム音楽界にとって重要な1枚になっていくのではないでしょうか。


      ・ 管理人のトップレート曲

      [DISC1]

      オープニング
      1章 パルテナ再臨
      1章 最初の街
      マグナのテーマ
      3章 炎の街
      4章 死神の視線
      4章 死神砦
      5章 パンドーラの罠
      5章 トラップダンジョン
      6章 黒いピット
      7章 深海に潜む神殿
      7章 海底神殿
      9章 決戦! メデューサ
      9章 冥界ガーディアン

      [DISC2]

      10章 願いのタネ(火山ルート)
      10章 不死の山
      12章 初期化爆弾の恐怖
      12章 初期化爆弾要塞(外部)
      13章 月の静寂
      14章 電光石火の激突
      14章 雷雲の庭園
      17章 オーラムブレイン要塞(前編)
      17章 オーラムブレイン要塞(後編)

      [DISC3]

      18章 三年後の街(犬)
      18章 三年の歳月
      19章 光の戦車
      19章 銀河の聖域
      20章 女神の魂
      24章 三つの試練
      スタッフロール
      メインテーマ
      HOME
      みんなで
      HOME(ナチュレ)



      ・ 管理人のベストトラック

      1章 パルテナ再臨


      原曲(前作のステージ1)がかなり好きなので、やはりこれを選んでしまいます。
      この曲はライナーノートに「桜庭さんが難しい仕事をサラりとやってのけた」と書かれていますが、
      前半分はシンプルなアレンジなのですが、
      後半の展開も新しいパルテナなんだ、という感じが出ていて面白いと思います。

      Posted by : 焚け | 任天堂 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 21:03 | - | - | - | - |
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://omoni-ge-on.jugem.jp/trackback/313
        TOP