その名の通り、おすすめのゲームサントラを中心に紹介させて下さいお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << 「ペルソナ4」オリジナルサウンドトラック | main | 小さな丸い好日/aiko >>
    DODECAGON/キリンジ
    0
      キリンジ
      コロムビアミュージックエンタテインメント
      ¥ 1,980
      (2006-10-25)

      初めてのJ-Popレビューです。
      こういうジャンル分けは失礼かもしれませんが……


      まずは、キリンジについての簡単な紹介を。

      男性の二人組です。実の兄弟。
      兄の堀込高樹氏は元ナムコ社員で、ゲーム音楽を作っていました
      「風のクロノア」スーパーファミスタ5」などの楽曲を手掛けていました。
      その堀込高樹氏がナムコを退社後、弟の堀込泰行氏とバンドを組み、
      デビューに至ったわけですが、このデビューの経緯もなかなか凄いです。
      デビュー前よりその才能を高く評価されていたキリンジは、
      レコード会社による争奪戦が起こった程だそうです。

      特徴は弟の柔らかなヴォーカル、超難解で意味深な歌詞(意味が全くないこともあると思われる)、複雑かつ洗練されたメロディーです。
      曲が難解過ぎてライブのパフォーマンスはいまひとつに感じることもありますが、
      とにかく楽曲のクオリティーが高く、
      他のミュージシャンや文化人等を中心にリスペクトを集めている実力派です。
      音楽を経験していて、一度でも作詞や作曲をした経験のある人ならこの凄さが分かるかと思います。
      一般受けは悪いので、CDはあまり売れないのですが……

      管理人がキリンジを知ったのは、当時好きでよく聴いていたaikoがキリンジを絶賛しており、
      aiko自らがコーラスに参加した「雨は毛布のように」をラジオで流したのがきっかけです。
      たまたまキリンジにしてはやや珍しいキャッチーな曲だったので、
      その次の日にCDを買いに行った記憶があります。

      とまぁ、気味が悪いくらい絶賛したところで、
      キリンジの中でも管理人が最も気に入っているDODECAGONというアルバムのレビューをします。

      ※ 歌詞そのものは書きません。要約(のようなもの)を書きます。

      ・ Golden harvest(詞、曲:堀込高樹)

      もうすぐ大きな収穫があるはずさ。
      明日になれば誰もが君の正しさに頷くだろう。

      オープニングの曲はこんな内容の歌詞ですが、これは上手くいかないことばかりの独り身の男性に向けた言葉だと思います。
      この後の曲は悲しい現実を歌うような曲が続きますが、このアルバムのコンセプトはきっとこういう人たちを応援する意図があるのではないかと思います。


      ・ 自棄っぱちオプティミスト(詞、曲:堀込高樹)

      オプティミスト=楽観主義者という意味です。

      もう、開き直ってこの街を愛してしまおう。
      そうすればきっと世界は変わる。

      軽快なメロディーでこんなことを歌われると、元気になれます。

      ・ 柳のように揺れるネクタイの(詞、曲:堀込高樹)

      サラリーマンの歌です。
      妙なタイトルですが、これは単に思い付かなかったらしく、
      歌詞の頭をそのまま取っただけです。
      しかし、「の」まで入れてしまうあたり、ふざけていると思います。
      そこが良いのですが。

      決して良いとはいえないサラリーマン生活。
      「使えねー」だなんて言われても、ああするしかなかったんだ!

      曲調も含めちょっとふざけてますが、笑えてきて不思議と元気が出ます。

      ・ 鼻紙(詞、曲:堀込泰行)

      ゆったりした綺麗なメロディーの曲です。

      もしも思いが容易に叶ってしまったら頑張っておしゃれをしたって、
      恋人と会ったりキスをしたって、きっと退屈さ。


      歌詞のまんま捉えるといまひとつですが、
      そんな単純な歌詞ではないと思います。
      「実際はそんなことないんだろうけど、そういう風に思いたい」という片思いのつらさを歌った曲だと管理人は解釈しています。
      本当はきっと、自分の好きな相手と容易に両想いになるのが一番幸せなんです。
      恋の現実は厳しいですね。

      ・ ロープウェイから今日は(詞、曲:堀込高樹)

      これはもう、完全にふざけています。
      一切フォローできません。
      曲調といい、歌詞といい、「おふざけ」そのものです。

      人見知りの僕だけど、旅先で揺られたロープウェイの上からアメリカ人のようなノリで「今日は!」と声を掛けてみました。

      心の底から意味不明です。
      解釈のしようがありません。
      だいたい、このようなふざけた曲がキリンジのアルバムのは1曲ずつくらい入ってます。
      これが楽しみなんです……

      ただ、なんとなくの解釈ですが、
      1人で旅に出た寂しい男性の曲のような気はします。

      ・ 愛しのルーティーン(詞、曲:堀込泰行)

      失恋の曲です。
      これはかなりリアリティがあるので、聴いていて結構つらいです。

      振られようが、今日はいつもと何も変わらない1日さ!
      さぁ、カモン!ルーティーン!! 

      失恋時の心情をかなり分かり易く描いた曲になってます。
      もちろん、いつもと同じように1日を過ごすなんて不可能です。
      それを分かったうえで、必死に過ごして、でもどうにもならなくて……
      結局、失恋ってのは時が経つのを待つしかないんですよね。

      ・ Lullaby(詞、曲:堀込泰行)

      これは難解な曲です。
      ただ、やはり悲しい曲なのだとは思います。

      管理人のイメージでは……

      部屋で落ち込んでいる人、外は雨だけど外出してみる。
      すると、雨の音に紛れて懐かしい子守唄が聞こえてくる気がする。

      子守唄というと、何があっても味方で居てくれそうな母の存在のシンボルだと思います。
      そんなことを考えると、強烈な孤独感を覚えます。

      ・ Love is on line(詞、曲:堀込高樹)

      これは歌詞がとにかく秀逸

      真夜中にパソコンで一生懸命コンタクトを試みる悲しい男性。
      女だか女のふりをしたネカマだかも分からない相手だけれども、ただ1人の最愛の人に出会いたい一心で。

      ちょっとだけ、ふざけの要素もあります。
      しかし、バカみたいに純粋な男の心情を歌った曲で、好感を持てます。



      冒頭にキリンジは歌詞が難解だと書きましたが、このアルバムではそれはあまり当てはまりません。
      結構分かり易いですし、こうして数曲の解釈を試みると、
      アルバム全体として、失恋した男性の暗い心情や日常の歌をまとめたアルバムのような気がします。
      1枚だけの予定でしたが、なかなか楽しかったので、
      別のアルバムもいつかレビューしてみようと思います。


      Posted by : 焚け | J-Pop, etc | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 20:39 | - | - | - | - |
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://omoni-ge-on.jugem.jp/trackback/15
        TOP