その名の通り、おすすめのゲームサントラを中心に紹介させて下さいお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << 魁皇と先輩 | main | DODECAGON/キリンジ >>
    「ペルソナ4」オリジナルサウンドトラック
    0
       アニメでも放送中の話題作、ペルソナ4のオリジナルサウンドトラックです。

      ゲームのプレイ状況:一周
      CDのお気に入り度:9.0
      恋人にしたキャラ:久慈川りせ ※だから、誰も聞いていない

      3から引き続きヴォーカルを多用したものになってます。
      オリコンで5位に入る程、サントラとしては異例な売り上げを記録していて、
      なんとなくですが、レビューするのがドキドキします。

      ちなみに、管理人はサントラは随分前に購入し、たくさん聴いていたのですが、
      最近になってやっとゲームをプレイしました。
      その辺りを踏まえてのレビューになります。

      ペルソナ3では実験的な部分があると書きましたが、
      ペルソナ4ではより洗練され、サントラとしてかなりまとまっています
      なので、3と違ってアルバム単位で聴くことも多いです。

      ・ 記憶の片隅

      タイトル画面でこういうシンプルなピアノの曲が流れるってのは良いものですね。
      ゲーム全体を通じてこの曲の役割は大きいと思います。
      ゲームの電源をつけてセーブデータをロードしようとする度に流れるわけですから、
      こういう場面ではシンプルな落ち着く曲が良いです。
      ゲーム中は独特なペルソナサウンドをずっと聴いているので、
      むしろこのシンプルさが全体をまとめている感じがします。

      ・ Your Affection

      後半の平田志穂子さんの綺麗な高音部のヴォーカルが特に良いです。
      インストの部分が長いのは前作から同じ傾向で、
      ヴォーカル曲なのにサントラ曲として成立してます。

      ・ Smile

      コミュなどのイベント系で多用されている曲です。
      なかなか使い勝手の良さそうな曲です。
      良い場面でいちいち流れるのですが、その度に良いなと思います。

      ・ I'll Face Myself

      各キャラクターが自分のジャドーを受け入れるときに流れる曲ですね。
      落ち着きを取り戻して、受け入れるときの雰囲気に見事に合ってます。
      私も何かを受け入れなくてはならないときはこの曲を聴こうかと思います。
      受け入れられる気がします。

      ・ ケロリンMAGIC!

      良い曲なんですが、CMの曲としてはちょっと不満もあります。
      CMなんだから、やっぱり15秒の曲を作って欲しかったです。
      ペルソナの曲らしく、、その辺りのリアリティまで追求して欲しかったです。

      ・ Reach Out To The Truth

      通常戦闘曲。
      人気曲ですが、管理人もこの曲が大好きです。
      ゲームの通常戦闘曲の中で最も好きです。
      あまり英語の発音にはこだわっていないらしいです。
      それよりも音の響きや雰囲気重視だとか。
      だから聴き易いんだと思います。
      どうでも良い話ですが、いつかカラオケで歌ってみたいなんて思ったり……

      ・ Heartbeat Heartbreak

      淡々と歌ってる感じのヴォーカルが良いです。
      ヴォーカルは抑揚を付ければ良いってものではないのだと気付かされます。

      ・ ジュネスのテーマ

      エブリデイ ヤング ライフ ジュネス ♪♪

      奈々子が歌うと可愛いですよね、これ。

      これぞペルソナサウンドという感じです。
      リアリティがある!

      ・ Heaven

      戦闘曲だとか、ペルソナサウンドにおけるサプライズには慣れているつもりでしたが、
      これにはやられました。
      まさかダンジョンの曲だったなんて……
      それを知ってからかなり気に入っています。

      ・ Alone

      これが堂島家で流れ始めると、ゲームも後半に差し掛かっているのだなという感じがします。
      特に終盤になってくるとこの曲が印象的になるのですが、
      それはこの曲に、もうすぐこの生活も終わるという寂しさを感じ取らせるものがあるからなのかもしれません。

      ・ The Genesis

      ラスボス戦。超大作です。
      徐々に、徐々に、壮大になってききます。
      そして最後にその曲のアレンジを持ってくるか!というたまらない曲です。
      アイデアとしては平凡なのかもしれませんが、本当に胸が熱くなります。

      ・ Never More

      歌詞がエンディングをちょっと意識されてます。
      3と同じく、元々あった曲に歌詞を付けて歌ってみたという手法のようですが、
      今回もアリだと思います。



      ゲームも音楽も3から4になって良い具合に進化しています。
      シリーズものはこの辺りがもっとも難しい部分だと思うのですが、
      それをやってのけるのは本当に凄いと思います。
      次作がかなり大変なことになるとは思うのですが、期待して待とうと思います。
      Posted by : 焚け | アトラス | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 21:10 | - | - | - | - |
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://omoni-ge-on.jugem.jp/trackback/14
        TOP