その名の通り、おすすめのゲームサントラを中心に紹介させて下さいお願いします。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    << 「大神」オリジナルサウンドトラック | main | 「英雄伝説 空の軌跡」オリジナルサウンドトラック >>
    ソラニン/ASIAN KUNG-FU GENERATION
    0
      ASIAN KUNG-FU GENERATION
      KRE
      ¥ 569
      (2010-03-31)

      映画「ソラニン」の主題歌といいますか、ストーリーの中でも重大な意味を持っている曲です。

      「ソラニン」に関しては、出会いは原作の漫画の方でした。
      大学のキャンパス内(特に、音楽をやっている人たちの間)で結構話題になっていて、
      管理人も先輩に教えてもらって読みました。
      はじめは「難しくてよく分からないし、面白くないぞ、暗いし」なんて感想を持ったのですが、
      その後自分が色々と経験したうえで再読してみたら「これ、すげー」に変わりました。

      そして、月日が流れ、待望の映画化。
      原作の「ソラニン」という曲にもASIAN KUNG-FU GENERATIONが曲をつけてくれました。
      ちなみに、2曲目の「ムスタング (mix for 芽衣子)」は、
      元々原作に強く影響を受けたアジカンのメンバーが原作からインスパイアされて作られた曲だったそうです。
      それだけ影響を受けていたのに、まさか自分たちが「ソラニン」に曲をつけるとは思わなかったでしょうね…

      ちなみに映画はDVDも買って観まくっているわけですが、
      キャスティングが凄いんですよね。
      七色の顔を持つ実力派俳優の高良健吾に、あの宮崎あおい。
      サンボマスターのベーシスト、近藤洋一も意外と言っては失礼ですが、かなり役にはまっていて、
      どういった経緯で抜擢したのかがかなり気になったりします。

      さて、このソラニンという曲は管理人の中では「自分の中にあるモヤモヤにサヨナラするうたと、解釈しています。
      これは、歌詞そのものというより、ストーリーから解釈している部分が大きいのですが。
      まぁ、歌詞自体も原作者の浅野いにおが書いてますし。
      それに、作中でも言っていますが、少なくとも恋人同志の別れの曲ではないです。

      例えば緩い幸せが ダラッと続いたとする
      きっと悪い種が芽を出して もうサヨナラなんだ

      「悪い種が芽を出して」の部分が解釈が難しいんです。
      これは、主人公の2人の名前から取っているので、こじ付けなのかもしれませんが…
      種田の「種」と芽衣子さんの「芽」なんですよね。
      作中でもあえて、恋人同士なのに「種田」、「芽衣子さん」と呼び合わせて、目立たせてたりするんです

      とまぁ、話が少し逸れてしまいましたが、実はかなり共感できる曲だと思います。
      特に男性にとっては、なかなか結婚の踏ん切りがつかないような人に聴いてもらいたいですし、原作や映画もみて欲しいななんて思ったりします。
      すると、かなり共感できるのではないでしょうか。
      自分、本当に結婚とかしていいのかな?そんな責任持てるのかな?本当にこの人でいいのかな?
      そんなモヤモヤした気持ちにサヨナラをするのに、この曲やストーリーが役立つのではないかと思います。

      Posted by : 焚け | J-Pop, etc | 22:51 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 22:51 | - | - | - | - |
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://omoni-ge-on.jugem.jp/trackback/108
        トラックバック
        ASIAN KUNG-FU GENERATION の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど
        | Nowpie (なうぴー) J-POP | 2012/05/20 7:27 AM |
        TOP